コロナ第2波、致死率は低下傾向 高齢者は重症化リスク高

2020年08月24日
共同通信共同通信

 新型コロナウイルス対策を厚生労働省に助言する専門家組織は24日会合を開き、6月からの流行第2波では感染した人が死亡する割合を示す致死率は全体としては下がっているものの、高齢者では致死率、重症化率ともに高いとの分析結果をまとめた。若者の感染者が増えたことが理由とみられる一方、重症化の要因は変わらず、高齢者や持病のある人は引き続き注意が必要だ。

 感染の広がりは7月末がピークのように見えるが、急速に感染者が増えた地域もあり、再拡大に向けて警戒が必要とした。医療機関や高齢者施設での流行は少なく、対策が功を奏しているとみられる。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/