騎手1人陽性で川崎競馬中止 競馬で初めて

2020年08月24日
共同通信共同通信

 川崎競馬は24日、騎手1人が新型コロナウイルスに感染したため、同日の開催を取りやめると発表した。競馬のコロナ禍による中止は大井(東京)、川崎、船橋などの地方、日本中央競馬会(JRA)の開催を通じて初めて。

 16~21日開催の大井競馬に騎乗したこの騎手(船橋所属)は、24日にPCR検査で陽性と判定された。濃厚接触者を特定し、感染拡大防止措置を講じる必要があるため、この日の開催中止が決まった。

 25~28日の開催については別途検討される。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/