WHO、5歳以下はマスク不要 コロナ感染防止に子ども向け指針

ギリシャ・アテネで避難民キャンプから移動するマスクを着けた移民の子ども=(ゲッティ=共同)
ギリシャ・アテネで避難民キャンプから移動するマスクを着けた移民の子ども=(ゲッティ=共同)
2020年08月23日
共同通信共同通信

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)と国連児童基金(ユニセフ)は22日までに、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けたマスク着用の子ども(18歳未満)向け指針を公表した。5歳以下はマスクを適切に着用できないことが多い上、他人に感染させる可能性も他の年代に比べて低いとして、着用は不要とした。

 6~11歳については、重症化しやすい高齢者と同居している場合など、状況に応じて着用の是非が検討されるべきと指摘。12歳以上は、大人と同様の扱いで問題ないとしている。また、発達障害を抱えている子どもに対しては年齢を問わず、マスク着用を強制しないよう推奨した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/