コロナ回復者の血液投与、治験へ 日米欧が協力

2020年07月26日
共同通信共同通信

 新型コロナウイルス感染症から回復した人の血液成分を投与する治療法の効果や安全性を確かめるため、日米欧の企業や医療機関が、国際的な臨床試験(治験)を近く始めることが26日、分かった。年内の結果の取りまとめを目指す。

 この治療法は、血液に病原体が含まれていないことを確認した上で赤血球などの血球を除いた液体部分「血漿」を取り出す。血漿には回復した患者の免疫反応によってできた抗体が含まれており、濃縮して患者に投与すれば、体内のウイルスを攻撃すると期待される。

 中国では、呼吸不全などの重い症状がある患者で改善がみられ、ウイルス量も減ったとの報告がある。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/