メニュー 閉じる メニュー
全国

全国

西之島、活発な噴火継続を確認 気象庁の観測船

2020.7.15 22:18 共同通信
小笠原諸島・西之島の火口から赤熱した溶岩が高さ約200メートルまで噴出した様子=11日(気象庁提供)

小笠原諸島・西之島の火口から赤熱した溶岩が高さ約200メートルまで噴出した様子=11日(気象庁提供)

 気象庁は15日、東京・小笠原諸島の西之島を海洋気象観測船「凌風丸」が観測した結果、山頂火口から大量の火山灰を連続噴出する噴火が起き、活発な噴火活動が続いていることを確認したと発表した。観測日は11 ...

関連記事 一覧へ