メニュー 閉じる

47News

全国

全国

唐古・鍵遺跡の首長居館か、奈良 土器片に線刻、楼閣並び立つ

2017.4.21 19:09 共同通信
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
唐古・鍵遺跡で新たに確認された、楼閣の屋根の絵がある土器片。つぼは復元品=21日午後、奈良県田原本町

唐古・鍵遺跡で新たに確認された、楼閣の屋根の絵がある土器片。つぼは復元品=21日午後、奈良県田原本町

 奈良県田原本町にある国内最大級の弥生時代の環濠集落跡、唐古・鍵遺跡(国史跡)で、新たに楼閣の屋根の絵がある土器片が1点確認され、町教育委員会が21日、発表した。  同遺跡のシンボルとして知られる楼 ... [記事全文]

関連記事一覧