メニュー 閉じる メニュー
全国

全国

首相、ロシア訪問見送りで調整 来月、G7サミット優先

2020.5.29 22:08 共同通信

 安倍晋三首相は、ロシアが6月24日にモスクワで開催予定の対ドイツ戦勝75年パレードに合わせた訪問を見送る方向で調整に入った。同時期に米国が実施する意向の先進7カ国首脳会議(G7サミット)出席を優先するべきだと判断した。複数の日本政府関係者が29日、明らかにした。

 政府関係者は「G7サミットは6月25、26両日の可能性がある。訪ロとの両立は日程的に厳しい。サミットの方が重要だ」と語った。官邸筋は「ロシアは新型コロナウイルスの感染状況が収束しておらず、訪問は難しい」と指摘した。

 首相は今月27日、日本維新の会の鈴木宗男参院議員と官邸で会った際、6月の訪ロに関し「正式な話があれば検討したい」と語っていた。

 ロシアの軍事パレードは当初、対ドイツ戦勝記念日の5月9日に開催予定で、安倍首相もパレード出席とプーチン大統領との会談を検討していたが、新型コロナ感染拡大の影響で延期された。

 日ロ首脳会談は、昨年9月のウラジオストクが最後。北方領土交渉は進展していない。