メニュー 閉じる メニュー
全国

全国

韓国の感染者、再び増加 政府、首都圏の防疫強化

2020.5.28 18:49 共同通信

28日、ウイルス検査のため保健所を訪れた人たち=韓国・仁川(聯合=共同)
28日、ウイルス検査のため保健所を訪れた人たち=韓国・仁川(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国政府は28日、27日からの1日で新たに確認された新型コロナウイルス感染者が79人だったと発表した。1日当たりの感染者としては、4月上旬以降で最多。ソウル近郊の京畿道にあるインターネット通販会社の物流センターを中心に累計80人以上の集団感染が発生したため。クラブの集団感染が発覚後、増加傾向が続いている。

 政府は28日、緊急の関係閣僚会議を開催。「今後1、2週間が首都圏での感染拡大を防ぐ重大なヤマとなる」として、29日から6月14日まで首都圏の防疫対策を強化することを決めた。

 政府によると、博物館などの公共施設を閉館するほか、遊興施設の営業自粛を求める。一方、学年別に順次始まっている小中高生の登校は原則的に予定通り進める方針。

 政府は今月6日から感染防止策を緩和していた。首都圏での防疫対策が奏功しなかった場合はさらに強化する可能性もあるとしている。

 政府は物流センターの作業員ら約4100人に対するウイルス検査を実施中。感染経路は調査中だが、クラブと関連があるとみている。李在明・京畿道知事は28日、物流センターに対し、営業を2週間禁止する行政命令を出した。

 物流センターの集団感染で、宅配荷物を介した感染不安も高まっているが、政府は「世界的に見ても、そうした事例の報告はない」と強調した。