メニュー 閉じる メニュー
全国

全国

世界のコロナ感染者550万人超 米の大学が集計、拡大続く

2020.5.26 19:40 共同通信

ほとんど人影のないニューヨークの5番街=25日(ゲッティ=共同)
ほとんど人影のないニューヨークの5番街=25日(ゲッティ=共同)

 【ジュネーブ共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルスの感染者が26日、世界全体で550万人を超えた。21日に500万人を超えてから5日で50万人増えた。欧州諸国で鈍化がみられる一方、中南米や南アジアでの増加が目立つなど、各地で感染拡大は続いている。死者は34万人を超えている。

 1400万件以上のウイルス検査を実施済みの米国で、世界最多の166万人の感染が確認されている。ブラジルが37万人、ロシアが36万人で続いているほか、今月急増したインドでは14万人を上回った。

 感染者は昨年末に中国から世界保健機関(WHO)に初報告されてから、50万人を超えるまで約3カ月かかった。その後は各国でのウイルス検査態勢の拡充も反映し、1週間以内に50万人以上増える状態が続いている。

 25日付のWHOの状況報告によると、感染者の45%は米州地域事務局管内(南北米大陸)。欧州地域事務局管内(トルコや旧ソ連諸国を含む)が38%と、両地域で8割超を占めている。前日から増加した感染者の57%、死者の77%は米州地域事務局管内からと、南北米大陸での被害拡大が目立っている。