メニュー 閉じる メニュー
全国

全国

解除一夜明け、首都再生の一歩 戻る通勤客、公園に笑顔

2020.5.26 12:08 共同通信

人通りもまばらな東京・銀座=26日午前10時26分
人通りもまばらな東京・銀座=26日午前10時26分

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言解除から一夜明けた26日、オフィス街の東京・丸の内では通勤客がマスク姿で職場に向かい、公園には子どもたちの笑い声が響いた。以前の風景が戻りつつあることに安堵する一方、「気を緩められない」と感染第2波を警戒する声も。首都再生の歩みが静かに始まった。

 JR東京駅前の横断歩道では、スーツ姿の人々が足早に職場へ。30代の男性会社員は「人の姿も少し増えたように見える。すぐに以前の生活に戻れるわけではない。みんなの気が緩んで第2波が来ないことを祈ります」と表情を引き締めた。

 東京都は、3段階で実施する休業要請緩和のうち第1段階「ステップ1」に入り、対象は博物館や美術館、図書館、観客席部分を除く運動施設など。飲食店は酒類の提供、営業とも午後10時まで延長となる。

 世田谷区の都立砧公園では、26日から一部の遊具の利用が再開。公園職員がブランコやジャングルジムに張られていたテープを取り外すと、子どもたちが笑顔で遊具へ駆けだす姿が見られた。近くに住む会社員塚原愛さん(31)は長男奏真ちゃん(2)と訪れ「公園だと気兼ねなく遊ばせられ、すごくうれしい」と頬を緩ませた。

 繁華街・新宿の小田急百貨店も全館での営業を再開。入り口に消毒液を置くほか、エレベーターの人数制限など感染防止策を取るとしている。

 千葉県は26日に大学や映画館などの休業要請を解除した。千葉市中央区の映画館では27日からの営業再開に向け、スタッフらが券売機や座席の除菌に追われる中、支配人の堀川博史さん(51)は「第2波が来なければいいが」と不安を語った。

 同じく解除から一夜明けた北海道。北広島市から電車で札幌市の事務所に向かっていたNPO法人職員の桃野寛さん(70)は、乗客数は4日前と変わらないとし「分散乗車が定着しつつあるのではないか」と話した。