メニュー 閉じる メニュー
全国

全国

ソウルの集団感染100人超える 73人はクラブ、客から家族へ

2020.5.12 20:02 共同通信

12日、ソウル市内で新型コロナウイルスの集団感染が確認されたクラブ周辺を消毒する作業員ら(聯合=共同)
12日、ソウル市内で新型コロナウイルスの集団感染が確認されたクラブ周辺を消毒する作業員ら(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国政府は12日、ソウル市のクラブを通じて起きた新型コロナウイルスの集団感染について、感染者が計102人となったと明らかにした。このうちクラブに出入りした人が73人で、他は家族や知人への二次感染と確認された。

 韓国メディアによると、女性歌手グループ「KARA」の元メンバー、パク・ギュリさんは問題となったクラブを2日に訪れていたことを明かし「社会的な距離を保つ期間に規範を守らなかった点について深く反省している」との謝罪文を発表した。来店中はマスクを着用し検査結果は陰性だったが、自主隔離しているという。

 クラブの利用客には所在や動向が判明していない人も多く、朴元淳・ソウル市長は12日、携帯電話の基地局の利用履歴からクラブの周辺にいた人を割り出し、検査を受けるよう改めて要請する方針を示した。

 ソウル市内では、1日深夜から2日未明にかけて複数のクラブを巡っていた20代の男性の感染が確認された後、クラブ来店者の集団感染が判明した。韓国の防疫当局者は、検査を受けていない人からさらに感染が広がる恐れもあるとみて警戒を強めている。

パク・ギュリさん
パク・ギュリさん