メニュー 閉じる メニュー
全国

全国

豪提案「独立調査」に中国猛反発 コロナ発生源、WHO総会控え

2020.5.10 16:28 共同通信

中国陝西省を視察する習近平国家主席(右から2人目)=4月(新華社=共同)
中国陝西省を視察する習近平国家主席(右から2人目)=4月(新華社=共同)

 【北京共同】新型コロナウイルスの発生源や感染拡大の経緯を巡り、独立した調査が必要だと主張するオーストラリアに、中国が猛反発している。オーストラリアは今月半ばの世界保健機関(WHO)総会で議題になるとの立場を示しており、中国はウイルス拡散を巡る「中国責任論」の高まりを警戒している。

 「何が起きたのか、独立した調査が必要だ」。オーストラリアのモリソン首相は4月23日の記者会見でこう強調した。

 独立した公衆衛生の検査官がパンデミック(世界的大流行)の関係地に行き、迅速に状況を把握する重要性を指摘。情報が得られれば「多くの生命を救える」と訴えた。

 背景にはWHOが中国の影響を強く受け、本来の役割を果たせていないとの不満があるとされる。モリソン氏は中国も調査に協力すべきだとの認識を示した。

 中国の成競業駐オーストラリア大使は地元紙の取材に「中国への政治攻撃だ」と反発。米国が新型ウイルスは湖北省武漢の研究所から広がった疑いがあるとして調べていることを念頭に「米国の一部勢力と結託している」と主張した。

 オーストラリア放送協会(ABC)によると、モリソン氏はトランプ米大統領、フランスのマクロン大統領、ドイツのメルケル首相らに独立調査の必要性を伝えた。

 WHO総会は5月18日からテレビ電話会議方式で開く予定。総会で対中批判が高まれば、習近平指導部は同月22日に開幕する全国人民代表大会(全人代=国会)で反論を展開するとみられる。

 北京の外交筋は独立調査が実現すれば中国は責任を問われる可能性が高いと分析。「中国は警戒を強めており、全力で阻止する」との見通しを示した。