メニュー 閉じる メニュー
全国

全国

造船所内に医療用コンテナ、長崎 イタリア客船、診療や休憩用に

2020.4.29 11:14 共同通信

 長崎市香焼町の三菱重工業長崎造船所に停泊中のイタリア籍クルーズ船「コスタアトランチカ」の乗員148人が新型コロナウイルスに感染した問題で、運航会社「コスタクルーズ」側は29日、造船所内に医療支援用の仮設コンテナ搬入を始めた。

 20基を搬入する見込みで、船の近くに設置し、診療や医療関係者が休憩する場所などとして活用する予定だ。

 クルーズ船では20日に最初の感染者が判明し、乗員623人が検査を受けた。大半が船内で待機しているが、発熱などの症状を訴えた計4人が入院した。