×
メニュー 閉じる メニュー
全国

全国

成田空港、3月の旅客数67%減 航空機の発着回数は31%減

2020.4.28 18:42 共同通信

記者会見するNAAの田村明比古社長=28日、成田空港
記者会見するNAAの田村明比古社長=28日、成田空港

 成田国際空港会社(NAA)の田村明比古社長は28日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、3月の国際線、国内線の旅客数が前年同月比67%減の約130万人となったと発表した。航空機の発着回数は31%減の約1万5500回だった。「この状態が相当期間続くと予測される。業界全体で難局を乗り越えていく」と述べた。

 田村社長は航空需要の落ち込みに伴い、2020年3月期連結決算の純利益は、当初見込んでいた279億円から数十億円に減るとの認識も示した。

 社長と副社長は月額報酬の20%、取締役や執行役員らは10%を、5月から3カ月間それぞれ自主返納する方針。

 3月の国際線の日本人旅客数は前年同月比73%減の約39万人で、外国人旅客数は82%減の約27万6千人。国内線旅客数は36%減の約44万6千人だった。