メニュー 閉じる メニュー
全国

全国

コロナ破綻の中小企業100社に 宿泊業の資金繰り限界、4月急増

2020.4.27 19:15 共同通信

 東京商工リサーチは27日、新型コロナウイルスの感染拡大に関連した全国の中小企業の経営破綻が、100社に達したと発表した。長引く外出自粛や休業要請などで需要が急減し、資金繰りが限界に達した企業が増えた。

 同社が27日午後5時までを集計。倒産と法的手続きの準備中を合わせた経営破綻は、2月は2社、3月は23社だったが、4月は27日までで75社に急増した。100社を業種別で見ると、ホテル・旅館などの宿泊業が21社で最も多く、次いで飲食業が15社、アパレル関連が10社だった。

 地区別では関東が33社で最多。中部17社、近畿14社、北海道11社、九州9社と続いた。

 東京商工リサーチの担当者は「融資制度は手続きに時間がかかり、支援を求める企業に行き渡っていない。政府による当面の資金繰り支援は後手に回っている」と指摘した。