メニュー 閉じる メニュー
全国

全国

「コロナで診療拒否」に注意喚起 愛媛、医師会へ適切な医療求める

2020.4.27 12:04 共同通信

 愛媛県と県外の新型コロナウイルス感染拡大地域を行き来する仕事に従事する人の家族が、県内の医療機関で診療の継続を拒否されたとの情報提供があったことが27日、県への取材で分かった。県は県医師会などに注意喚起する文書を送った。24日付。

 県によると、文書で医師会などに「患者への適切な医療提供について、注意喚起していただきますようお願いします」と求めた。実際に診療拒否があったかどうか確認はできていないとしつつ「事実であれば問題なので、注意喚起した」としている。情報提供があった時期や人物については明らかにしていない。

 新型コロナを巡っては、感染者や医療従事者とその家族、感染拡大地域に対する差別やハラスメントが問題になっている。医師法は、正当な理由がない限り、医師は診療を拒んではならないと定めている。