コロナ以外の患者、6%が陽性 慶応大病院、入院前に検査

2020年04月23日
共同通信共同通信

 慶応大病院(東京)は、新型コロナウイルス以外の治療で入院する患者にPCR検査を実施した結果、5.97%が自覚症状がないものの陽性だったとホームページで21日に公表した。

 同病院は「院外・市中で感染したものと考えられ、地域での感染の状況を反映している可能性がある」としている。

 同病院によると、13~19日に手術前や入院前の患者67人に検査したところ、4人が陽性と判定された。いずれも新型コロナの症状はなかった。6日以降、手術や出産などで入院する患者に、検査を実施しているという。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/