小学校で初のクラスターか 富山市、登校日に感染の可能性

2020年04月23日
共同通信共同通信

 富山市は23日、新型コロナウイルス感染が確認されている富山市立神明小学校の児童4人と女性教諭1人が、4月上旬の登校日に同じ教室で感染したと判断、クラスター(感染者集団)が発生したとの認識を示した。市は、小学校で発生したクラスターの事例はほかに把握しておらず、異例としている。

 文部科学省によると、これまで小中学校や高校でクラスターの発生が確認されたことはない。

 市によると、15日に同校で初めて男子児童の感染を確認。担任の20代女性教諭、2同じクラスの児童らの感染が相次いで分かった。児童は8~10日に登校しており、市はこの間に感染した可能性が高いとみている。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/