警察扱いのコロナ感染遺体15人 感染の職員は全国73人に

2020年04月23日
共同通信共同通信

 警察庁は23日、3月中旬から今月22日までに警察が取り扱った遺体のうち、東京など5都県で15人が新型コロナウイルスに感染していたと明らかにした。22日までに感染が判明した警察職員が10都府県警などで計73人に上ることも分かった。

 捜査関係者によると、自宅で死亡した人や路上で倒れていた人など。警察は都道府県側に連絡するため各地の集計に含まれているとみられる。

 警察庁によると、4月中旬までの約1カ月間に11人の感染が判明していたが、新たに東京都が3人増えて9人、埼玉県が1人増で2人となった。他に兵庫県2人、神奈川県と三重県が各1人。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/