日本ダービーも無観客開催に 新型コロナ対策でJRA

第86回日本ダービーを制したロジャーバローズとファンの声援に応える浜中俊騎手=2019年5月、東京競馬場
第86回日本ダービーを制したロジャーバローズとファンの声援に応える浜中俊騎手=2019年5月、東京競馬場
2020年04月23日
共同通信共同通信

 日本中央競馬会(JRA)は23日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、日本ダービー(東京、G1)が行われる5月31日まで東京、京都、福島、新潟の各競馬場の全レースを無観客で実施すると発表した。

 このほかのG1では、天皇賞・春(3日・京都)、NHKマイルカップ(10日・東京)、ヴィクトリアマイル(17日・東京)、オークス(24日・東京)が無観客となる。

 JRAは2月29日から無観客での開催に踏み切り、政府の緊急事態宣言が出た後も人馬の移動の抑制や関係者の衛生環境の整備を徹底して無観客競馬を続けている。

 馬券の発売・払い戻しは電話・インターネットのみ。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/