住吉美紀アナが新型コロナ感染 元NHK、肺炎で入院

住吉美紀さん
住吉美紀さん
2020年04月22日
共同通信共同通信

 肺炎のため入院した元NHKアナウンサーで現在フリーの住吉美紀さん(47)のPCR検査結果が陽性と判定され、新型コロナウイルス感染が確認されたと、所属事務所が22日、公式サイトで発表した。入院治療を続けているという。

 公式サイトによると、住吉さんは16日に発熱。高熱が続いたため19日に東京都内の医療機関を受診したところ、CT検査で肺炎と診断され、緊急入院した。

 住吉さんはエフエム東京の平日午前の番組でパーソナリティーを務めているが、15日からリモート出演となり、20日から出演を見合わせている。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/