楽天PCR検査、頼りすぎは危険 日本医師会会長が指摘

2020年04月22日
共同通信共同通信

 日本医師会(日医)の横倉義武会長は22日の記者会見で、楽天が新型コロナウイルスへの感染の可能性が分かるPCR検査キットを法人向けに販売していることについて「この検査に頼りすぎるのは非常に危険だ」と指摘した。医師を介した検査の態勢拡充を重ねて求めた。

 楽天の検査キットは自宅に郵送され、利用者が自分で鼻に綿棒を入れて検体を採取する。結果はあくまで感染の可能性を示すもので、最終的に感染の有無を判定するには医師の診断が必要となる。

 政府の専門家会議メンバーを務める日医の釜萢敏常任理事も会見で「社員が出勤できるかどうかの判断に使うと大きな誤りが出る」と指摘した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/