クルーズ船新たに33人感染 長崎、1人判明受け検査

長崎市香焼町に停泊中のイタリア籍のクルーズ船「コスタアトランチカ」=22日午前
長崎市香焼町に停泊中のイタリア籍のクルーズ船「コスタアトランチカ」=22日午前
2020年04月22日
共同通信共同通信

 長崎県などは22日、長崎市香焼町に停泊中のイタリア籍クルーズ船「コスタアトランチカ」で、外国人の乗組員33人が新型コロナウイルスに新たに感染しているのを確認したと発表した。重症者はいない。別の1人の感染が判明したのを受け、濃厚接触者53人と調理担当者4人の計57人を検査していた。

 この船に乗客はいない。船会社によると、乗組員623人のうち日本人1人が含まれるが、感染者や濃厚接触者ではない。

 厚生労働省クラスター対策班の専門家は同日、クラスター(感染者集団)が発生したとの見解を示した。長崎県の中村法道知事は自衛隊への災害派遣を要請する方針を表明した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/