プロボクサー2人が感染 愛知のジム所属

2020年04月21日
共同通信共同通信

 日本ボクシングコミッションは21日、愛知県のジムに所属するプロ選手2人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。1人は入院し、もう1人は自宅療養している。

 当該ジムは12日から休館中。保健所の指示で濃厚接触者の特定が行われている。個人情報保護の観点からジム名などは開示していない。関係者によると、世界3階級制覇した田中恒成の所属する畑中ジムではないという。

 ジム会長らで組織する日本プロボクシング協会は緊急事態宣言の発令により、各自治体の要請に応じて営業自粛などの対応を取るよう加盟ジムに求めている。興行は5月末まで中止となっている。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/