G20宣言、米の反発で見送り WHO機能強化の文言巡り

G20保健相会合のテレビ会議に参加する加藤厚労相=19日、厚労省(同省提供)
G20保健相会合のテレビ会議に参加する加藤厚労相=19日、厚労省(同省提供)
2020年04月21日
共同通信共同通信

 日本政府関係者は21日、先進国に新興国を加えた20カ国・地域(G20)保健相会合のテレビ会議で予定された大臣宣言が見送られたのは、新型コロナウイルス感染拡大を受け世界保健機関(WHO)の機能強化を確認する草案に米国が反発して合意できなかったためと明らかにした。英紙ガーディアンも報じた。

 トランプ米大統領は14日、WHOは中国寄りの立場を取って対応に失敗したと激しく批判。資金拠出を一時停止し組織の見直しを要求しており、日本政府関係者は合意に至らなかった一因とみている。新型コロナ対応を巡る国際協調に悪影響が出た格好だ。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/