中国、無症状感染者1541人 懸念受け公表

2020年03月31日
共同通信共同通信

 【北京共同】中国国家衛生健康委員会は31日、新型コロナウイルスで医学的な観察対象となっている無症状の感染者が30日までに1541人になったと発表した。中国政府は毎日発表する感染者数に無症状者を含めていないが、市民の間で感染リスクへの懸念が強まっており、4月1日から公表することを決めた。

 無症状の感染者は、感染者との濃厚接触者や集団感染の関係者らを検査する過程で確認されたという。そのうち205人は中国本土外からの入国者。

 同委員会は、発熱などの症状がない感染者は発見が難しく、感染を広げる恐れがあると指摘。手洗いやマスクの着用、換気を徹底するよう呼び掛けた。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/