G20、医療品の流通確保で協力 コロナで各国貿易相が会合

G20の貿易投資相会合をモニターで見守る英国のボリス・ジョンソン首相=30日、ロンドン(ロイター=)
G20の貿易投資相会合をモニターで見守る英国のボリス・ジョンソン首相=30日、ロンドン(ロイター=)
2020年03月31日
共同通信共同通信

 日本や米国、中国など20カ国・地域(G20)は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、30日夜からテレビ電話による緊急の貿易投資相会合を開き、31日に閣僚声明を発表した。医療品や生活に不可欠な物資の流通を確保する必要があるとして、不当な値上げ防止に向けて協力すると訴えた。

 医療品の生産増強を図るため、投資促進を支援することでも一致した。ウイルスの感染拡大を防ぐ観点から、各国が検疫を強化することなどが想定されるが、声明は貿易を制限する措置は世界貿易機関(WTO)のルールに沿って、必要最小限にとどめるよう求めた。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/