米軍、人工呼吸器調達へ 約8千台、5月から配備

2020年03月31日
共同通信共同通信

 【ワシントン共同】米国防総省は30日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、約8400万ドル(約90億円)かけて人工呼吸器計8千台を調達すると発表した。第1弾として5月初旬に約1400台を医療現場に配備することを目指す。

 国防総省はこれまでに人工呼吸器最大2千台の拠出を表明しているが、感染者が急増する東部ニューヨーク州などで不足が深刻化。トランプ大統領は27日、戦時に軍需物資を増産するために制定された国防生産法を発動し、人工呼吸器の製造を自動車大手ゼネラル・モーターズに命じた。

 国防総省関連の感染者は30日、職員の家族や契約業者も含めて1087人。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/