米大統領「NY封鎖」迷走 根拠が曖昧、知事の協力得られず

トランプ米大統領=28日、ホワイトハウス(AP=共同)
トランプ米大統領=28日、ホワイトハウス(AP=共同)
2020年03月29日
共同通信共同通信

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は28日、新型コロナウイルス感染者の多い東部ニューヨーク州などで強制的な移動制限を検討していると記者団に語った。だが同日中に一転し、制限は「必要ない」とツイッターで表明。法的根拠が曖昧で、ニューヨーク市封鎖の恐れもあり、同州のクオモ知事が強く反発し協力しない考えを示していた。トランプ政権の迷走に批判が高まっている。

 ジョンズ・ホプキンズ大の集計では、新型コロナの米国の感染者数は12万人を超え世界最多。クオモ氏によるとニューヨーク州だけで約5万2千人を占める。全米で約2千人が死亡。感染者、死者のいずれも急増している。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/