NYの看護師死亡、物資不足か 防護服代替にごみ袋

2020年03月28日
共同通信共同通信

 【ニューヨーク共同】米ニューヨーク・マンハッタンの病院で医療用防護服を着ないまま新型コロナウイルス感染者に接していた男性看護師(48)が、自らも感染して24日に亡くなったことが27日分かった。米メディアは、医療物資が十分に支給されていないとして、同僚看護師らが怒りの声を上げていると伝えた。

 ニューヨーク・ポスト紙は、黒いごみ袋をかぶっている看護師3人の写真とともに「防護服の不足からごみ袋を着用せざるを得ない」と報じた。同僚によると、本来は感染者と接するたびに医療用ガウンを交換する必要があるが、病院は1度の勤務シフトにつきガウンを1着しか与えていなかった。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/