首都圏、28日から外出自粛 コロナ感染爆発防止に5都県連携

今週末に臨時休業することを知らせる衣料品店の張り紙=27日午後、東京都渋谷区
今週末に臨時休業することを知らせる衣料品店の張り紙=27日午後、東京都渋谷区
2020年03月27日
共同通信共同通信

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、首都圏5都県が打ち出した外出自粛要請は全国に波及し、福島、茨城、富山、島根の4県が27日、東京方面への移動を避けるよう新たに求めた。これで移動自粛を求めたのは計13県。強制力はなく、感染発見が難しい若者への浸透が課題だ。都が外出を控えるよう求めたのは28日からの2日間だが、週末の人の往来を抑え、首都圏でオーバーシュート(爆発的患者急増)を防げるかは予断を許さない。

 共同通信の集計では、不要不急の外出自粛を求めたのは、東京、埼玉、神奈川の1都2県。移動自粛は宮城、福島、茨城、栃木、群馬、千葉、新潟など13県が要請した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/