メニュー 閉じる メニュー
全国

全国

京大が「認知症ワクチン」 マウスで原因タンパク除去

2020.3.25 19:46 共同通信

 認知症の原因の一つである「タウタンパク質」を鼻の粘膜細胞に作らせ、体内の除去機能を呼び起こすことで、脳への蓄積を抑えるワクチンを作ったと、京都大iPS細胞研究所の井上治久教授(神経科学)らのチームが ...

関連記事 一覧へ