文科省、4月の学校再開へ指針 「警戒緩めず」、休校再要請も

閣議後、記者の質問に答える萩生田文科相=24日午前、国会
閣議後、記者の質問に答える萩生田文科相=24日午前、国会
2020年03月24日
共同通信共同通信

 コロナ感染防止のために続く一斉休校を巡り、文部科学省は24日、教室の換気の徹底など学校再開に向けた指針を都道府県教育委員会などに通知した。萩生田光一文科相は同日の閣議後記者会見で「状況が改善したわけではない。警戒を緩めず準備を進めてほしい」と述べた。今後、自治体などでオーバーシュート(爆発的患者急増)が起きた場合、国から改めて休校を要請する可能性もあるとした。

 指針は、小中高などが春休み明けの4月再開に向けた具体的な対応策を示した。

 学校再開の条件として「換気の悪い密閉空間」「多くの人が密集」「近距離での会話や発声」が重なることを避けるよう要求している。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/