欧州酒類大手がアルコールを提供 コロナ対策の消毒液原料に

2020年03月24日
共同通信共同通信

 【ブリュッセル共同】英酒類大手ディアジオとベルギーのビール世界最大手アンハイザー・ブッシュ・インベブは23日、自社で扱うアルコールを新型コロナウイルス対策で需要が急増している消毒液の原料として寄付する方針を明らかにした。ロイター通信が報じた。

 世界で最も多く売られているスコッチウイスキー「ジョニーウォーカー」などを製造するディアジオは、消毒液メーカー支援のため、主にウオッカやジンに用いる96%のエチルアルコール200万リットルを提供する。消毒液はイタリアや米国、インドなど各国の衛生関係機関などに提供される。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/