北海道函館市で高齢者が死亡 死後に新型コロナ確認

記者会見する北海道の鈴木直道知事=26日午後、北海道庁
記者会見する北海道の鈴木直道知事=26日午後、北海道庁
2020年02月26日
共同通信共同通信

 北海道函館市は26日、新型コロナウイルスに感染した函館市の高齢者が25日に死亡したと発表した。家族の意向で年齢、性別は明らかにしていない。市によると、死因はコロナウイルスによる肺炎。国内で死亡の報告があったのは6人目、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の死者を除くと2人目。

 道と札幌市は、道内でこの高齢者のほか、日高地方の70代の女性2人と大阪府の40代男性会社員の感染が新たに確認されたと26日発表した。感染者は39人となり、このうち死者は初めて。

 函館市によると、25日に死亡し、26日に感染が確認された。発症から2週間以内の海外渡航歴はない。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/