クルーズの運航中止広がる 客船各社、4月出発など

2020年02月25日
共同通信共同通信

 クルーズ船「ぱしふぃっくびいなす」を運航する日本クルーズ客船(大阪市)は25日、2~4月に出発を予定していた13本のクルーズを中止すると発表した。

 24日には「飛鳥2」の運航会社が4月出発分までのクルーズの中止を発表したばかりで、新型コロナウイルスの影響による運航中止が広がっている。

 中止を決めた13本は、屋久島や韓国の釜山などに寄港する予定だった。日本クルーズ客船は「感染拡大の状況を踏まえ、お客さまの安全を最優先に検討した」と説明した。

 商船三井客船(東京)は客船「にっぽん丸」の4月12日出発分の中止を決めた。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/