生保、新型肺炎対応急ぐ 保険金支払い速やかに

2020年02月25日
共同通信共同通信

 生命保険各社は新型コロナウイルスによる肺炎拡大への対応を急ぐ。肺炎になって治療を受けたり、入院したりした場合、他の病気と同じように医療保険の対象になるためで、請求があれば速やかに保険金を支払う方針だ。契約者には、加入している保険の内容を確認するように勧めている。

 医療保険は入院や通院の費用が対象となる。亡くなった場合は死亡保険金が支払われる。就業不能保険に入っていれば、新型肺炎で仕事を一定期間以上休んだ際に毎月、給付金が支給される。

 生命保険協会の清水博会長は今後、保険金の請求が増えることが見込まれるとして「万全の体制で当たりたい」と話している。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/