新型肺炎、一般医療機関でも対応 重症者治療優先、政府が基本方針

新型コロナウイルス感染症対策本部会合であいさつする安倍首相=25日午後、首相官邸
新型コロナウイルス感染症対策本部会合であいさつする安倍首相=25日午後、首相官邸
2020年02月25日
共同通信共同通信

 新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)が国内でさらに拡大する事態に備え、政府は25日、対策本部を開催し、総合的な基本方針を決定した。今後、患者が大幅に増える地域が出た場合、一般の医療機関でも感染が疑われる人を受け入れる一方、重症者を優先的に診る医療機関などを整備し、死者の発生を最小限に食い止める医療態勢を構築する。

 安倍晋三首相は対策本部会合で、北海道知事からの要請を受けて、患者が急増している現地に感染症の専門家らによる対策チームを同日に派遣すると明らかにした。

 企業、団体に発熱症状のある職員の休暇取得や、時差出勤、テレワーク推進を要請した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/