新型肺炎で世界同時株安 NY、一時千ドル近く下落

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)
新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)
2020年02月25日
共同通信共同通信

 【ロンドン、ニューヨーク共同】週明け24日の世界の株式市場は、肺炎を引き起こす新型コロナウイルス感染が世界規模で急拡大していることを懸念し、主要指数が全面安となった。ニューヨーク株式市場ではダウ工業株30種平均が大幅続落し、前週末からの下げ幅が一時1000ドル近くとなり、2万8000ドルを割り込んだ。

 感染者が急増した韓国が前週末比4%近く値下がりし、イタリアが一時6%の下落となったほか、英国やドイツも軒並み大幅な下げを記録。世界同時株安の様相を呈しており、連休明け25日の東京株式市場は波乱の展開となりそうだ。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/