感染はスクールバス運転手 北海道、新たに4人判明

2020年02月24日
共同通信共同通信

 北海道は24日、新型コロナウイルスの感染が23日に判明した上川地方の70代男性について、愛別町のスクールバス運転手と発表した。また道と札幌市は24日、新たに4人の感染が判明したと明らかにした。

 内訳は札幌市の70代女性と50代の男性会社員、オホーツク地方の20代女性、石狩地方の50代男性。道内での感染者は計30人となった。

 道によると、スクールバス運転手の男性は今月18日から倦怠感などがあり翌19日に発熱、21日に入院した。海外への渡航歴はなく、行動歴や濃厚接触者について「調査中」としている。

 愛別町によると21日まで小中学生や園児の送り迎えをしていた。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/