韓国の新型コロナ死者7人に 感染763人、教団関連増

2020年02月24日
共同通信共同通信

 【ソウル共同】韓国保健福祉省は24日、新型コロナウイルスに感染した患者が新たに1人死亡し、国内での死者が計7人になったと発表した。感染者も161人増え、計763人になった。

 韓国では南東部・大邱市にある新興宗教団体「新天地イエス教会」の教会で礼拝した信徒らや、大邱市に隣接する清道郡の病院の関係者らで集団感染が発生している。

 新たな死者はこの病院の関係者で、同病院での死者は5人目。新たな感染者のうち129人が同教団関連だった。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/