G20、声明採択し閉幕へ 新型肺炎、各国連携で一致

夕食会の会場に到着し、歓迎を受ける黒田東彦日銀総裁=22日、サウジアラビア・リヤド(ロイター=共同)
夕食会の会場に到着し、歓迎を受ける黒田東彦日銀総裁=22日、サウジアラビア・リヤド(ロイター=共同)
2020年02月23日
共同通信共同通信

 【リヤド共同】サウジアラビアの首都リヤドで開かれている日米欧の先進国と新興国による20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は23日、2日目の討議を行い、共同声明を採択して閉幕する。

 1日目の討議では、新型コロナウイルスによる肺炎拡大が世界経済の新たなリスクになっていることを確認。景気への影響を最小限に抑えるため、各国が連携して取り組むことで一致した。

 国際通貨基金(IMF)は会議で、新型肺炎の拡大を受け、2020年の中国の実質成長率見通しを5.6%とし、1月時点から0.4ポイント下方修正したと発表した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/