北朝鮮、マスク非着用は国への罪 感染者なしと機関紙

2020年02月22日
共同通信共同通信

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は22日、新型コロナウイルス感染予防のため、屋外や人が集まる場所では必ずマスクを着けるよう訴え「今のような非常時にマスクを着用しないのは国に罪を犯すほどの深刻な社会的、政治的問題になる」とした。

 国内で感染者は一人も発生していないと強調する一方、「一瞬たりとも気を緩めてはならない」と呼び掛けた。

 医療体制が脆弱な北朝鮮はウイルス流入防止のため海外との往来を遮断。平壌に駐在する外交官らの居住区域外への外出を原則禁止する措置を取ったほか、4月に平壌で開催予定だった国際マラソン大会の中止も決めた。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/