WHO、二つの治療方法を試験中 新型肺炎、3週間で結果判明

2020年02月21日
共同通信共同通信

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は20日の記者会見で、新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、2種類の抗エイズウイルス(HIV)薬を組み合わせたものと、別の抗ウイルス薬を使った二つの治療方法を、WHOとして試験中だと述べた。3週間以内に結果が判明するという。

 WHOによると、新型肺炎に対し、確立した治療方法はまだ見つかっていない。中国やタイでは、抗HIV薬が効果を上げたとの報告もあり、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客で死亡した2人にも治療の過程で投与された。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/