中国、新型肺炎の死者2112人 湖北の新規感染は1000人切る

2020年02月20日
共同通信共同通信

 【北京共同】中国湖北省は20日、新型肺炎で19日に死者が108人増えたと発表した。中国本土の死者は計2112人となった。一方、19日に新たな感染者が628人確認されたが、感染者として以前に集計した279人を検査の結果除外したため、新たに増えた感染者数は349人と発表した。

 湖北省で1日に増えた感染者数が千人を切るのは1月28日以来。中国政府は19日に感染確定の診断基準の改定を公表しており、この改定が湖北省の集計に影響した可能性がある。中国本土の感染者数は計7万4千人超。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/