メニュー 閉じる メニュー
全国

全国

西之島、噴煙や溶岩流続く 海保が上空から観測

2020.2.18 18:08 共同通信
東京・小笠原諸島の西之島の赤外線画像。白く写っている部分が海へ流入する溶岩や噴煙、噴石(海上保安庁提供)

東京・小笠原諸島の西之島の赤外線画像。白く写っている部分が海へ流入する溶岩や噴煙、噴石(海上保安庁提供)

 海上保安庁は18日、噴火が続く東京・小笠原諸島の西之島を17日午後に上空から観測した結果を発表した。噴煙は薄い灰色で高さ約600メートルまで到達。溶岩は、島の中央の火口から北と東の方向へ流れ出て、 ...

関連記事 一覧へ