メニュー 閉じる メニュー
全国

全国

「父は密告者だった」家族崩壊の傷深く  東の監視社会、犯人野放しに ベルリンの壁崩壊30年(2)  

2020.1.21 7:00 47NEWS
1989年11月、東ドイツ政府の国境開放後、東側からベルリンの壁をよじ登る市民たち(ロイター=共同)

1989年11月、東ドイツ政府の国境開放後、東側からベルリンの壁をよじ登る市民たち(ロイター=共同)

 信じられない気持ちで書面を読み進めた。友人らの名前や彼らと会った時期が記され、兄の結婚式で出席者が何を語ったのかも詳細に書かれていた。東ドイツの秘密警察(シュタージ)が作成した自分自身に関する調査文 ...

関連記事 一覧へ