メニュー 閉じる メニュー
全国

全国

阪大、世界初のiPS角膜移植 40代女性視力改善、実用化へ

2019.8.29 21:19 共同通信
iPS細胞から作ったシート状の角膜組織(西田幸二・大阪大教授提供)

iPS細胞から作ったシート状の角膜組織(西田幸二・大阪大教授提供)

 大阪大の西田幸二教授(眼科学)のチームは29日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作製したシート状の角膜組織を、重度の疾患でほとんど目が見えない40代の女性患者に移植する世界初の臨床研究を7月に実 ...

関連記事 一覧へ