メニュー 閉じる メニュー
全国

全国

瀬戸内芸術祭夏会期きょう開幕 地元資源テーマに作品も

2019.7.19 6:55 共同通信
高松港近くのギャラリーにある「うどん湯切りロボット」

高松港近くのギャラリーにある「うどん湯切りロボット」

 瀬戸内海の香川・岡山両県の島々を巡りながら、アート作品を鑑賞できる「瀬戸内国際芸術祭2019」の夏会期が19日、開幕した。春と秋も含めた三つの会期で、32の国と地域から231組のアーティストが参加 ...

関連記事 一覧へ