メニュー 閉じる
全国

全国

早産関与物質、マウス実験で発見 治療法の開発期待

2018.11.29 18:31 共同通信
研究結果を発表する和歌山県立医大の石田裕子講師(右)ら=29日午後、和歌山市

研究結果を発表する和歌山県立医大の石田裕子講師(右)ら=29日午後、和歌山市

 免疫細胞を炎症部位へ誘導する働きがあるタンパク質「ケモカイン」の一種が、早産に関与していることがマウスを使った実験で分かったと、和歌山県立医大の石田裕子講師らのチームが29日、発表した。  チーム ...

関連記事 一覧へ